上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙に飛び立った拙者は、ついに地球外の星に到着しました。


これが証拠写真です。


20070113164142.jpg

えっ!?分かりませんか?これですよ。


エントリーNo.8「13時時計」


13時時計

そう、この星では1日は24時間ではなく、26時間なのです。したがって、ジャック・バウアーのあのドラマもこの星では「26」というタイトルで放送されています。


ちなみに、地球でもこんな本が出ています。



1日を26時間にする、最強の時間活用術

しかし、よく考えてみると、この時計の文字盤の数字と数字の間が、地球のものと同じく5等分されていているとすれば、この星では、

1分=65秒
1時間=65分
1日=26時間


ということになるので、地球時間に換算すると、


1日=109,850秒=30時間30分50秒


ということになります。


そこで、自転周期が30時間ほどの星を探してみたところ、火星の衛星のディモスというのが見つかりました。拙者は今その星にいるのでしょうか。


さらに、驚いたことに、地球も10億8千万年後には1日が30時間になるのだそうです


(ジャック・バウアーから一言)
俺の名前はジャック・バウアー。服を買うならエディー・バウアー。」

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://erreip.blog83.fc2.com/tb.php/8-1574ff76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。